辿り着く街、辿り着く場所。

鶯谷(根岸・入谷)エリアは、江戸から明治にかけては正岡子規人をはじめ、
文人の集う風雅な土地として知られていました。
昭和においては終着駅である上野駅付近の上京者のための旅館街として栄え、
その後路地裏のスナックやキャバレー、ラブホテルが多く作られました。
そして現代では、古い建物を活用したカフェやゲストハウスなどの新しい動きが始まり、
まちづくりの動きも活発になっているエリアです。

山手線の鶯谷駅からのアクセスの良さと、上野公園、浅草、谷根千エリアに囲まれるこの地は、
江戸・東京の古き良き風情と、現代の新しさを兼ね備えた街として、
今また日本中、世界中の人々が集い語らう町として注目されています。

そんな鶯谷の新たなランドマークとなるホテルが2020年1月に誕生します。

約170室の宿泊室を擁するこのホテルは、
国内国外を問わず多様な人々が東京の拠点として利用する、
身近で新しい出会いに満ちた場となります。

「一緒に食べよう」
をコンセプトに、ホテルの1階は、宿泊客だけでなく近隣にお住まいの方や、
東京に暮らすまちを楽しみたい人々が気軽に利用できる飲食店となります。

長いカウンターには本格的なエスプレッソマシーンや、クラフトビールを取り揃えたタップが並びます。
気軽な交流を促すために、カウンター席やスタンディングテーブルなどを用意し、
シェアできるメニューなども取り揃える予定です。
週末には全国から集められた農家直送の物産を販売するマーケットを販売するなど、
近隣の方にも喜んでいただける仕掛けを考えています。

奥には約40席のテーブル席エリアが広がっています。
段差はステージになり、ちょっとしたライブやコンサートを企画できます。

エスプレッソマシンは、まだ日本でも珍しい
「SYNESSO HYDRA MVP 2Gr」を採用し、本格的な
エスプレッソメニューを提供します。