HAGISOは築60年の木造アパートを改修した「最小文化複合施設」です。

1階にはカフェ(HAGI CAFE)、ギャラリー(HAGI ART)、レンタルスペース(HAGI ROOM)。
2階にはホテルのレセプション(hanare)、日替わりのサロン(HAGI SALON)、などがあります。

そんなHAGISOの日常はこんな感じです。

一階のカフェでは一杯一杯丁寧に淹れるハンドドリップコーヒーや、
地域の八百屋さんや肉屋さん魚屋さんから仕入れた季節の食材を使ったメニュー、
自家製のケーキや人気のパフェをご用意しています。

コーヒーのコースターに使用されているの木のトレーは改装前に本棚として使われていた木材を自分たちで加工して使用してます。

オープン当初から人気の半熟玉子のキーマカレーはオリジナルのスパイスをブレンドし玉ねぎはじっくりと時間をかけて毎日炒めています。

ギャラリーでは、若手アーティストの個展やHAGISOキュレーションによる
興味深い展示が毎月催されています。
ときにはコンサートや、ダンスパフォーマンスが行われることも。

谷中のまち全体をホテルにみたてる宿泊施設「hanare」のレセプションでは
世界中から集まる旅人たちがこの谷中という街に飛び込むためのガイダンスを受けています。

HAGI Salonでは腕利きのマッサージ、エステサロンの技術者が
日替わりでご近所の常連さんを癒やします。

世界中を探しても、東京という都市にしかない人、文化を育む場所になればいいと思っています。

そんな場所は、小さくても濃密な引力を持っていることで、巨大資本によって出来た多くの複合施設にも負けない魅力的な場所になることができると信じています。